採用と相談と例文について

例えば、自分の体調不良、めまいや何らかの病気を持っている場合でも、仕事を探しており、就職試験に採用してもらいたい、またはアルバイトとして採用してもらいたい、このように考えている方はとても多くおられます。

理由としては、病気でも、働けるうちに働いておかないと、後々のお金、金銭的なこと、病院にかかる費用などが、とても困ってしまうからです。

そのため、このような体調不良がありますが、採用をしていただけるようでしょうか?といった、自分自身の状況などを、面接官の方などに相談し、実際に採用がされる、というケースもあります。

これは職種にもよりますが、たとえば、激務とされるような職種、例えば銀行系、営業系、このような仕事などの場合には、またはテレビ局などの関係などの場合には、このような相談をされても、体調不良なのならば、採用は出来ない、と言われるケースがほとんどであると考えられます。

なぜならば、希望する人がとても多い職場であり、相談をされても、激務であるために、かえって採用をしたところで、足手まといになってしまい、迷惑を他の方がされてしまうからです。

そのため、相談をする場合には、仕事が人手不足とされている介護などの仕事の時に、上記のようなめまいや、病気などがあるが、一時的に働けますか?といった相談をすることは可能です。

例文としては、上記のように、例えば朝10時から、夕方15時までなら働けます。しかし、何時以降はめまいなどが、または病気があるため働けないため、ご配慮いただけるでしょうか、といったような例文を示して、その例文のように、お話しまたはメールでの採用となるケースでは、上記のような例文で、相談を行い、採用を決めてもらう必要があります。