採用とホールスタッフとチェッカーについて

ホールスタッフにも様々な種類があり、街の居酒屋さんなどでのホールスタッフさんの仕事の場合と、一流ホテルなどのレストランなどでのホールスタッフさんとの仕事の役割では、同じ名前でも、ずいぶんと印象などが異なるものになります。

また仕事の内容もかなり異なっており、一流レストラン、一流ホテルでのホールスタッフの採用となると、かなりのレベルのマナー、知識などが必要とされ、先輩方からの厳しい指導が行われます。

上記のホールスタッフの仕事に憧れている女性は多く、採用の行われる際には、ホテル業界などのHPやサイトなどを見て、応募条件などを満たせば、採用のための受験を行うことができます。

新卒から、ホールスタッフを目指す人もおり、お皿の置き方、順番、音を決してさせないこと…など、かなりのレベルの繊細さが追及され、また、テーブルマナーなどにも詳しくなければ、仕事をこなすことが出来ません。

また、上記のような一流レストランなどの場合には、ホールスタッフのミスがそのままお店のミスにつながることもあるため、気が抜けないお仕事です。

一方、チェッカーという仕事は、レジなどで、バーコードなどを読み取り、それをかごなどに入れていくお仕事であり、チェッカーというお仕事は、コンビニやスーパーさんのレジ係のようなお仕事です。

チェッカーのお仕事を行い、正確に、出来るだけ早くレジでバーコードを読み込むことで、お客様をお待たせすることのないように、極力、急いで、なおかつ丁寧に品物を扱わなければなりません。

チェッカーの採用については、スーパーさんやコンビニさんの掲示、広告に出ているなど、至るところで、採用募集の看板、チラシなどを目にすることができます。