お財布事情によるがイラストが得意なら即戦力で採用

イラストを描く事が得意であれば、クリエイティブな分野に進みましょう。
創作系の専門学校、伝統的な美術学校に進学すれば、好きな事をお仕事に出来ます。
ひと昔前まではイラストが得意という理由だけでは、確かにお財布が厳しい時代背景がありました。

しかし、現代では色々な分野に、正社員として採用されます。
そのためには専門学校や美術系大学に進む必要が一般的には必要ですが、広告デザインやマスメディアのお仕事に就けますので、創作系の学校を受験する価値は大いにあるでしょう。

現代の広告デザインやプロモーションビデオ作りは、コンピューターによって進められます。
とろこが実際の現場ではアナログ的な画力が高く要求されます。
例えばCM映像やPV映像を作るにしても、土台となる絵コンテが必要です。
いきなりカメラやビデオカメラを片手に撮影を開始すれば良いコンテンツが出来る、という事はありません。

広告デザインやマスメディアの現場では、専門学校や美大でデッサンを学んできた学生が優先的に採用されています。
作業こそCGが中心だったとしても、基礎となるデッサン力や遠近法、カメラの知識などがなければ、即戦力として採用される可能性は低いです。

ただ、一方でお財布が多少厳しくなっても構わないと覚悟を決めた若者であれば、アニメーションの分野に進む選択肢があります。
一般的な創作系の現場よりお財布の面で遅れを取りますが、いわゆるアニメーターであればイラストのスキルだけで、お仕事が始められます。

実際にいま現在、作画監督やアニメ監督として活躍している方は美大出身者といったエリートではなく、イラストのスキルだけで出世してきた実力派の人々ばかりです。
日本のアニメ分野では随時、イラストが得意な学生を募集しており、勤務し始めた当初こそはお財布事情が厳しいですが、原画マンや作画監督となれば、平均的な正社員以上のお給料がゲット出来ます。